節分は「鬼まんじゅうの日」

(一般社団法人・日本記念日協会認定登録事業)

 

 毎年2月3日を始めとする年4回の節分の日に鬼まんじゅうを食べて厄除けをし、日本中の健康と幸せを願うものです。

 社団法人 日本記念日協会にて、そのユニーク性が認定され登録されました。

 

 「鬼まんじゅうの日」には、鬼門(北東)に向かって鬼まんじゅうを食べ厄除けをします。

 

〔食べ方〕無病息災を願い、北東〔鬼門〕に向いて黙って一気に食べます。

 

全国の和菓子店に先駆け、美濃廣庵・満開堂が提案し承認されました。

 

●主な販売所

美濃廣庵本店・土岐市道の駅志野・織部直売店・鬼岩公園福鬼まつり・山岡飯高山萬勝寺売店・おちょぼ稲荷大和新館・谷汲山あさの売店・恵那市道の駅らっせいみさとなど